看護学部の新入生がホーチミン市の大きな病院に実際に行きました。

Ngày gửi 24/09/2018

 -  1103 Lượt xem

大きな病院を見学するのは、看護学部の1年生が経験を得るための絶好の機会です。毎年、初期の新入生の見学企画が行っています。

ヴィエン・ドン短大の支援のおかげで看護学部の新入生は、ホーチミン市の3つの大病院(児童病院、熱帯病院、ゴ・ヴァップ区病院)の見学や、就職指導などができました。そのため、新入生は病院の運営が案内され、病院の生活がわかり、患者のケアや患者様から採取し、検査するプロセスの理解ができました。その結果、自分の将来の仕事がわかり、夢を実現するに努力しています。

これは病院を見学した写真です。

ゴ・ヴァップ区病院で

新学生は、主要部と患者のケアをする過程を直接に見、検体検査室で患者さんから採取された血液や尿などをいろいろな検査機器を使って検査したりするプロセスがわかる機会がありました。検体検査室は病院が分析と検査のための最新の設備に装備された部門の1つでした。

熱帯病院で

新学生歓迎だけでなく、看護学部の三年生が実習している場所でした。新学生は先輩がしていることが見られました。

児童病院で

ビンチャン地区にある南部で最大の病院で児童病院は現代の設備システムを投資されています。子どものための核医学および放射線療法の開発のための小児腫瘍学があります。検査部門は自動検体搬送システムが装備されています。患者様から採取したサンプルは自動的に中央受信室に転送されます。これは、ホーチミン市でこのシステムに投資された3つの病院のうちの1つです。

自動検体搬送システム

見学を通じて、スキルとスキルを備えた人材育成や教育の質などを向上させるために、ヴィエン。ドン短大は学生のためいつも最高投資していることがわかります。見学だけでなく大きな病院で(Thong Nhat病院、Nguyen Tri Phuong病院、熱帯病の病院、子供病院、Nguyen Trai Hospital)実習は将来の仕事を強化する大きなチャンスです。

看護学部 – 検査学部

イメージ作品

 

 

 

オンラインサポート

livechat
Vivatuvan


0966337755 - 0977334400